①まずはしっかり髪をぬらし、

 あらかじめ髪の絡まりをとっておきましょう。

 

しっかりと髪をぬらし予洗いすることで、

シャンプーした時の泡立ちを良くし、

頭皮や髪を傷めずに洗うことができます

シャンプーの泡は汚れを落とすだけでなく

泡の弾力によって髪同士の摩擦を防ぐ

役目もあります。 


②シャンプーを手のひらに取って軽く泡立て

 頭皮と髪全体になじませます

 

たっぷりの柔らかい泡で

髪の指どおりを確かめながら

毛先までの成分を行き渡らせましょう。

頭皮までなじませ、

指の腹でマッサージするように洗います。


③続いて頭皮全体をマッサージしながら洗いましょう。

 

    特に耳まわりは洗い残しが多いため丁寧に洗いましょう


④シャンプーが残らないように

 ぬめり感がなくなるまで十分にすすぎましょう

 

手で絞るようにして、よく水気をきってください

うつむいて洗う方は、

ハチ部分のすすぎをしっかりしましょう。
耳の後ろ~襟足、

耳まわりや生え際が残りやすいので、

念入りにすすぎましょう。


⑤ トリートメント塗布

 

髪の内部と表面に、艶髪チャージ

適量を中間~毛先中心になじませ

よくもみこんでください。

☆ リンス 表面だけ ▲

  コンディショナー 中間まで浸透 ○

  トリートメント 内部の芯まで浸透 ◎

  マスク トリートメントの濃度が濃い物 ◎


⑥トリートメントを流す

 

ぬめりがなくなる程度にすすぎます。

 

☆フェイスラインやネープは

残りやすいのでしっかり流してください 


⑦タオルドライ

 

根元からしっかりと吸収させ

毛先は包み込むようにタオルドライします

 

☆タオルドライは、髪をこすり合わせず

もむように水分を取ることが重要です。
ちょっとしたケアで

艶髪度をアップさせます!。

 


⑧洗い流さないトリートメント

 

タオルドライ後の髪に

毛先中心にもみこむように

なじませた後、髪全体に伸ばします。

 


⑨ 髪を乾かしましょう

 

濡れた髪は乾いているときよりも

弱い状態です。
そのままで寝てしまうと、

枕で髪がこすれて

(摩擦)ダメージの原因になります。

やさしくていねいに乾かしましょう 


 

見たいページを押してみてくださいね( enter )

 

Home                         news&キャンペーン     SALON

                     

                        ACCESS                  menu                   Staff                  Staff出勤表 

                          

  blog                         ヘアカタログ                 育毛メニュー